スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利茶土先生の30周年記念展ーPARTⅡー

利茶土窯30周年記念展ーPARTⅡー

こんにちは。
秋も深まりつつありますが、皆さんどのようにお過ごしでしょうか?
最近は朝晩の気温の変化で風邪を引いている方も増えているので、
お身体には十分お気をつけ下さい。

さて今回は、日々チャリティー・オークションの 活動を御支援いただき、
第26回チャリティ・オークションへのご寄贈もご快諾下さった
利茶土ミルグリム先生の記念すべき30周年記念展のお知らせをさせていだだきたいと思います。
利茶土先生は1977年に初来日されてから、日本全国の窯元巡りや、著名な先生方の元での修行を経て、
1985年、裏千家15代千宗室御家元より「利茶土窯」と命名されました。
その後、1986年に京土橋画廊で初の窯展を開催して以来、アメリカと日本を拠点として作品作りをされてきました。
数々の作品展への出展や、またテレビなどにもご出演されてきた先生ですが、
今年で利茶土窯として活動されて、30年を迎えます。
昨年、大徳寺黄梅院で行われた「利茶土窯30周年記念展ーPARTⅠー」に続く
第二弾の「利茶土窯30周年記念展ーPARTⅡー」
今回は東京日本橋三越本店での開催ですので
関東にお住まいの方は、是非この機会に先生の作品をご覧ください。
また、この他にも今年の11月には京都府の野村美術館で「ーPARTⅢー」が行われる予定です。
こちらにつきましては、後日先生からのお知らせをもって、皆様に改めてご連絡さしあげたいと思っています。

以下、「利茶土窯30周年記念展ーPARTⅡー」のご案内です。
是非ご参照の上、会場まで足をお運びください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
利茶土窯30周年記念展ーPARTⅡー
利茶土の茶陶還暦展

会期:平成27年10月21日(水)~27日(火)
   午前10時~午後7時 ※最終日は午後4時閉場
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊

ごあいさつ
利茶土ミルグリム氏が還暦となられます。
茶の湯を愛し、人を愛し、日本文化を愛し、土との対話を最上の喜びとする道を選んで大きな夢を描き築窯した利茶土窯も三十年。恵まれた環境と多くの人々との運命的な出会いで支えられた氏の新作展でございます。
陶技、精神力、体力、感性の全てを結集して生まれた茶陶の逸品を是非ご覧ください。
2015年10月 日本橋三越本店
※利茶土窯30周年記念展ーPARTⅡーパンフレットより抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奥宣憲先生 書作展のご案内

こんにちは。京都も朝晩が寒くなって参りましたね。
これから深まる秋が楽しみです。

さて今回は夏にもご案内いたしました、奥 宣憲 先生 の書作展をご紹介します!
秋といえば、やはり芸術の秋!ということでぜひ皆さんも展覧会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

-----------------------
川端康成文学館開館30周年記念ギャラリー企画展
〜川端康成が惹かれた 京都 源氏物語の世界〜 奥 宣憲 書作展

日時:10月16日(金)〜10月31日(土)
    午前9時〜午後5時(31日は正午まで) 火曜日休館
会場:川端康成文学館 《入場無料》
    茨木市上中条二丁目11−25

日本の美の源泉として、川端康成が愛した京都と『源氏物語』。今年度の川端康成文学館ギャラリー企画展は,「川端康成」が惹かれた京都ー『源氏物語』の世界」と題して、京都と『源氏物語』に想を得た作品を紹介します。「奥 宣憲 書作展」では、三条西実隆の「詠源氏物語巻々和歌」に加え、広く愛唱される詩歌を題材に日本のこころと美を書によって表現します。京都『源氏物語』、そして川端文学から紡ぎだされた作品の世界をお楽しみください。

-----------------------

tirashi_5857_800px_p02.jpg




日本画 光玄展ご案内

久しぶりのアップです。
京都も9月に入り、一気に秋の気配です。ただ雨が多くて、台風もやって来たりで、すっきりしない日が続いています。
青空が恋しいですね。

さて今回は京都府立文化芸術会館で行われる日本画の作品展を紹介します。
日本画の先生方による合同展覧会なので、いろいろな作品をみることができます。
チャリティ・オークションにもご協力いただいている佐々木啓二先生や仁木寿美子先生も出展されています。

ちょうどシルバーウィークの後半に開催なので、是非足を運んでみてください。


-----------------------
第39回 日本画 光玄展
日時:9月22日(火)~9月27日(日)
    午前10時-午後6時(最終日は午後5時閉場) 
会場:京都府立文化芸術会館1階展示室
後援:京都府」、京都新聞社

光玄展は、無所属の作家が “自由に発表できる場”であり“誰もが横並びで集まれる場” また、”会員各自の信ずる日本画の探究・研鑽を重ねた独創性ある作品の発表を行う場” です。しかしその一方で、作家や評論家、愛好家のみならず、日本画になじみのない方々に向けても、広く開かれた展覧会でありたいと願っています。
-----------------------

展覧会

北口夢石先生 作品展ご案内

こんにちわ!
お盆も過ぎて、少しだけ暑さも和らいだ気がします。
そう思いたいです。

さて、芸術の秋のスタートにふさわしい展覧会情報が届きました。
天理市柳本町で大和龍王窯を開く陶芸家、北口夢石先生の作品展です。
チャリティ・オークションにも毎回、ご協力いただいています。

生徒さんの作品もあり、個性豊かな陶芸品を見ることができるので、是非足を運んでみてください。


-----------------------
大和龍王窯 第11回 北口夢石と陶芸教室作品展
日時:9月11日(金)~9月14日(月)
    午前10時-午後5時(最終日は午後3時閉場) 
会場:ギャラリーおやさと 《無料》
    奈良県天理市川原城町419-2
-----------------------

作品展

桜井貞夫先生 新作版画展ご案内

梅雨も明けて、いよいよ夏休みです。
暑い日には涼しい室内で芸術に触れ合うのもいいですね。

さて、ずっとチャリティオークションに出品してくださっている桜井貞夫先生の新作版画展の案内が届きました。在廊日には先生のお話を聞けるチャンスもあります。是非、足を運んでみてください!

-----------------------
桜井貞夫 新作版画展 -Réminiscence-
日時:7月30日(木)~8月7日(金)
    午前11時-午後6時(最終日午後5時迄、8/4休廊) 
会場:アートデアート・ビュー
    大阪府高槻市北園町13-30
在廊日:7/30(木)、7/31(金)、8/1(土)、8/2(日)、8/7(木)

90年代以降、荒涼とした大地や辺境の地に引き寄せられ、アフリカ大陸やシルクロード、インド、南洋への旅を続けています。厳しい環境の中、逞しく生きる人々を肌で感じ、その感動をフォトグラヴュールで発表してきました。
今回は、これまでのテクニックをベースにした、フォトピグメントプリントによる"Réminiscence(過去の経験の非意図的な想起)"の連作に取り組みました。これを機に更なる版表現の可能性を探っていく所存です。是非ご高覧いただき、皆様の忌憚のないご批評を賜りたく思います。
-----------------------

新作版画展
sidetitleプロフィールsidetitle

ニッコーを支えるチャリティ・オークション実行委員会

Author:ニッコーを支えるチャリティ・オークション実行委員会
ニッコーを支えるチャリティ・オークションは今年で26年目です。
たくさんの方のご支援・ご協力のもと運営しています。
京都在住の芸術家や文化人の方々を始め、スポーツ選手、芸能人などからの寄贈品を展示し、オークションを行なっています。
どうぞよろしくお願い致します。

sidetitleTwitter Updatessidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。